不動産投資の利回り

不動産投資で、まず基準になるのが利回りです。不動産投資に関する物件情報などをチェックすると、物件に対して利回りも紹介されています。利回りは年間の家賃収入を物件の価格で割った数字になります。物件の価格が1000万円で利回りが10%であれば、年間の家賃収入は100万円になります。

他の投資と比較した時に利回りは分かりやすい基準になります。例えば、銀行に預けているだけだと10%も利息が付くことは事はありません。同じ1000万円であれば銀行に預けているよりも不動産を検討した方が利回りはメリットがあります。同じように株式や、為替のような投資と比較する場合にも利回りは分かりやすい基準になります。

不動産の利回りは、単純な家賃収入だけの計算なので、修繕費や税金などは計算には入っていません。そのため、実際に手に入る金額は、それよりも低くなる事を前提にチェックしましょう。また、地価も変動するので長期的に考えた場合に利回りが下がってしまう可能性もあります。路線価など不動産の評価についてはある程度の知識は必要になります。銀行に預けているだけよりも利回りも大きくなりリターンは期待できますが、もちろんリスクもあります。ですので、リスクとリターンのバランスを考えながらの不動産選びが大切なのです。