副業としての投資

収入を増やしたいと考えるとき、年齢が若ければ転職をしたりして給料を上げる方法がありますが、会社勤務の場合は、給料を上げることに限界が出てきます。空いた時間に副業をするという選択肢もありますが、余暇の時間が少なくなりますし、所帯があれば家族との時間も大切です。

その点、不動産投資をすれば、時間的な制限もありませんし、安定した物件を見つけることができれば安定して収入を得る事ができます。不動産投資は初期投資にある程度の資金が必要と考え、諦めてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、少ない資金でも不動産投資を始めることができます。

また、複数の方と共同で不動産を購入する事で少ない資金でスタートする事もできます。個人では購入が難しい魅力的な不動産も、分散する事で手に入れることができるのです。不動産には賃貸だけでなく、コインランドリーやトランクルーム、駐車場を経営するなどの選択肢もあります。さらに一軒家を購入して投資として利用する方法や、マンションのワンルームだけを購入して賃貸として投資目的で利用する方法もあります。

世間的にはゼロ金利政策もあり、銀行が貸し出しやすい状況にもなっているので不動産投資を目的とした貸し出しなども提供されています。投資する金額もリスクもリターンのバランスもニーズにあった形を選べる状況になっています。

長期的な不動産投資

投資には、様々な種類がありますが、どれくらいの期間で投資をするかで考え方が変わってきます。短期的に収入を得たいのであればFXや株式のようなデイトレードがあります。不動産の場合は、他の投資と比較すると長期的な計画で利益を考える投資になります。例えば老後のために不動産投資を検討する方もいらっしゃいます。

不動産の良さには、資産として残ることがあります。他の投資と比較して価格変動が緩やかで急激な下落は少ないです。銀行に借入をして不動産を投資目的でスタートさせた場合、返済が完了すれば自身の資産として残るのもメリットです。投資をすることは基本的にリスクが発生しますが最終的に資産として残るので安心感はあります。

資産として残すことができるということは、自分の子供、孫へ不動産を譲ることができるのです。これは大きなメリットと言えますし、長期的な視点で不動産を検討すると他の投資よりも価値を高く感じる事ができます。短期的に不動産を購入して、すぐに売却をして利益を得る方法もありますが、短期的な収益目的で投資をしている方は少ないです。ただ、普段はサラリーマンをしていて副業として不動産を検討している場合であれば、初期投資にも限界がありますし銀行に大きな借入をしてまでの長期的な視点での不動産購入はリスクが高くなります。

不動産投資の利回り

不動産投資で、まず基準になるのが利回りです。不動産投資に関する物件情報などをチェックすると、物件に対して利回りも紹介されています。利回りは年間の家賃収入を物件の価格で割った数字になります。物件の価格が1000万円で利回りが10%であれば、年間の家賃収入は100万円になります。

他の投資と比較した時に利回りは分かりやすい基準になります。例えば、銀行に預けているだけだと10%も利息が付くことは事はありません。同じ1000万円であれば銀行に預けているよりも不動産を検討した方が利回りはメリットがあります。同じように株式や、為替のような投資と比較する場合にも利回りは分かりやすい基準になります。

不動産の利回りは、単純な家賃収入だけの計算なので、修繕費や税金などは計算には入っていません。そのため、実際に手に入る金額は、それよりも低くなる事を前提にチェックしましょう。また、地価も変動するので長期的に考えた場合に利回りが下がってしまう可能性もあります。路線価など不動産の評価についてはある程度の知識は必要になります。銀行に預けているだけよりも利回りも大きくなりリターンは期待できますが、もちろんリスクもあります。ですので、リスクとリターンのバランスを考えながらの不動産選びが大切なのです。

不動産投資の魅力

不動産投資と聞いて敷居が高いイメージを持たれるかもしれませんが、実は手軽に始めることができます。一昔前と比べると個人向けの商品も増えていますし、会社員として勤務する方の副業としても利用できます。もちろん投資にはリターンの魅力もありますが、リスクの危険性もあります。しかし、その点で不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンと呼ばれており、他の投資と比較してバランスが取れているのです。

株式やFXのようなタイプの投資では、デイトレードのように短期的なリターンが期待できますが、合わせ鏡のように短期的なリスクも発生します。1日や1時間というタイミングで大きな利益を得る可能性もありますが、一瞬にして資金を失う可能性があります。デイトレードには魅力もありますが、日中は会社勤めをしているという方では、レート変動をチェックするのが大変です。銀行などが提供している証券サービスなどであれば、安定しているのでリスクは低いですが、リターンが他の投資に比べると低いのでローリターンな投資と言えます。

不動産の場合だと賃料は比較的安定しており、人口や地価は急激に下がることがほとんどないのでリスクは比較的小さいと言えるでしょう。株式やFXであれば、アメリカの雇用統計の発表などで大きくレートが影響する事はありますが、賃料は世界的な経済状況に短期的に影響を受けることはありません。

不動産投資は専門的な知識が必要だからと嫌厭されている方は、無料で定期的に開催されているセミナーに参加して説明を受ければ、気軽に始めることができるでしょう。長期的に投資を考えている方に、老後ために安定して収入を得る事ができる投資として不動産投資は注目を集めています。こちらではそんな不動産投資について紹介します。